ムサビ通信学び尽くすぞ!ブログ

武蔵美通信学び尽くす様を綴ろうとしてたけど、疲れました。とりあえず卒業が目下の目標の復習兼つぶやきBlog

留年する原因になったグラ基礎2のスク

留年する原因になったグラ基礎2のスク、無事出れました。


通信課題は低得点ながら終わっているので、スクでりゃ4単位もらえます。
やっほい。

 

まず前半の文字組!
楽しみにしていました!

3つ作りました。

 

1つ目は「いろはにほへとちりぬるを~」を最後の文字まで使って自由に組む課題。
恥ずかしながら「いろはにほへと」に意味があるだなんて知りませんでした。

 

2つ目は銀河鉄道の夜をガッツリ組む課題。
本文の組み方はガッツリ指示があり、タイトルだけ組めるけど、もうできる限りいじらないて!!!とのこと。
ぶら下がりで組んでいて、先生に「ぶら下がりで組むんですね~」とつぶやいたら「僕らデザイナーではよく使うよ」と言われたものの、私一度も使っていない。。。
周りの文章も小説はぶら下がり使われているけど、今はジャスティファイが主流では?とモヤモヤ。

 

3つ目は天声人語を組む課題。
タイトルコピーは自分で選ぶという。

文章以外のタイトルつけている方もいらっしゃいました。

 

講評は、また投票スタイルからでした。
私はこの投票スタイルがモヤモヤします。
先生的に何がいい作品なのかわからないから勉強にならなくないか?とモヤモヤするのです。

そしたら今回は一人の先生がこれはオススメ!というのを持ってきてくださって、とてもうれしかった!


その作品は天声人語のもので、渡されたテキスタイルのカッコを取っていたものでした。
渡されたテキスト変えてもいいのかい!とびっくり。

 

あと講評では、フォントの意味やフォントの背景まで考えよう、という話が印象的でした。
確かに。
私の浅い知識でも田中一光の光明体やら、教科書体UD(ユニバーサルデザイン)は書き出しを太くしてある等々、フォントの物語って面白いですもんね。

今ちょいと調べたら、UDデジタル教科書体ってのがすごい!

https://www.morisawa.co.jp/topic/upg201802/
しかしムサビ通信のマックにフォント少ないね。
UDフォントひとつもないし。

 

最後に次のスクーリングの話に。
ダイヤグラムを作るのですが、教科書には大豆&米や音楽のダイヤグラムも載っていましたが、今回は小林一茶だけで、2案考えて来て下さいとのことでした。

ISSA!!!
続く

 

 

 

 

介護等体験のスクに出て

終戦記念日の18時から鷹の台キャンパスで、介護等体験のスクに出ました。


義務教育の教職免許の人だけが必要なので、ムサビ通信では中学校の美術の免許取る人だけが受けるスクですね、おそらく。

 

田中真紀子さんがいきなり決めた制度らしい。
確かに高校の先生はいらないって妙。。。

私は少しでも自分の販路を広げたいので中学の美術の教職も視野に入れております。

 

でも介護等体験、何気に重い。
健康診断と細菌検査と福祉施設に支払うお金で、3万円弱くらいかかるのでは???

あと連続7日間かかる点。


なので、もう来年の夏には今仕事やめようかと思う!

そしたら夏スク行き放題だし!

なんなら芸祭に出ることもできそうだし!

いつ辞めよういつ辞めようと悩んでいたので、期限が決まって嬉しい!

辞めたらとにかく教育系の仕事にパートで潜り込む予定です。

 

話は戻ってスクの内容。

教職系のスクは毎回本を書いている教授が熱を込めて授業をしてくださるので好きです。

色んな子どもと遊ぶネタを教えてくれました。

何でも遊びにできるなぁと!子どもってほんと楽しい。

介護等体験は老人ホームだけではなく、乳児院なども含まれるそうで、赤ちゃんの世話だけする7日間という人もいるらしい。
それ癒しでしかないわ、めっちゃやりたいわ、けど私にはあまり勉強にならないわ。

 

しかしこの科目、今年申し込んで介護等体験できるのが来年の8月と1年もタイムラグがあるから、3年に取るのでは手遅れよね?

取得していないと教育実習出れないし。
留年しちゃったから結果オーライなものの、昨年ちゃんと取らないといけなかったのではないか?
あーもー本当に通信大学怖い。。。

 

 

 

 

ムサビ通信冊子記載の砂子体験に行ってみた

ムサビ通信冊子のイベント、もう3年近く静観しているだけだったのですが、割と近所で砂子体験できるイベントを発見していってみました。
(どこでもドアがあったら芋煮会に参加したい。。。)

砂子ワークショップでしたが、箔押しもできました!
先生が箔を切る竹のナイフから作ろうとしていて、日本画の奥深さを感じました。
絶対来年はスクとる!

 

砂子はとても簡単でした。
竹の筒井外にも、茶こしや金網でやったりして、楽しかったです。
子どもにもよさそう。

 

箔押しは難しかった。。。
箔押し加工できるロボットすごい。
グラフィックさんすごい。

 

猫好きのおばあちゃんに、日本画の猫の絵を飾ってあげたいなーと思って今回意気込んで参加したものの、時間がなく。

黒漆に金銀銅の砂子を施した色紙に、息子が折った折り紙の猫と、息子には宇宙に見えたらしくUFOも張り付けて、おばあちゃんにプレゼントしました。

f:id:miiikiii0325:20190914061417j:image

そしてその2週間後におばあちゃんは天国へと旅立ち、その色紙も一緒に旅立ちました。

部屋でも、お葬式中も、棺でも飾られていて、美術っていいなーと思った!
もっと絵描ける人間になりたい!